2011年7月12日火曜日

今日の「大好き北海道」から ★親子の木(美瑛町) Trees of Parent and Child (Biei)

丘陵景観が美しいパッチワークの路には印象的な木が数多くあります。「親子の木」は3本のカシワが、仲良く寄り添って見えます。 (撮影:浜谷映像工房)

Many imposing trees along "The Roads of Patchwork" contribute to beautification of hilly landscape. Three oaks of parent and child snuggle up with each other.

2011年7月10日日曜日

今日の「大好き北海道」からは、八雲育成牧場 Yakumo Breeding Farm (Yakumo)

牧場からは噴火湾や八雲市街地が一望でき、若牛が草をはむ姿など牧歌的風情にあふれた景観を楽しむことができます。(写真提供:リージャスト)

The panoramic view of Yakumo and Funka bay outspreads below the pasture. People can enjoy the idyllic scenery of grazing heifers.


2011年7月4日月曜日

今日の「大好き北海道」から 函館市電・箱館ハイカラ號 路面電車(北海道遺産:函館市) Hakodate Haikara Tram,The Tramways (Hokkaido Heritage : Hakodate)

函館市電は明治期に馬鉄で出発し、1913年に電車化、今も市民の足として活躍しています。(写真提供:北海道遺産協議会)

Hakodate Tram started its service with the horse rail. It turned to electric rail in 1913 and is still a major means for cistizens.

2011年6月30日木曜日

今日の「大好き北海道」からは、前田森林公園(札幌市)Maeda Forest Park (Sapporo)

展望ラウンジから約600mの運河と両側の240本程のポプラがヨーロッパのお城のような景観を形作っています。正面に手稲山が見えます。

From the observatory the European-castle-like landscape formed by the 600m-long canal and 240 poplar tress on both sides can be seen. Mt. Teine also appears straight ahead.

2011年6月27日月曜日

今日の「大好き北海道」 ★「しっとりキツネ」 キタキツネ(北海道各地) "Dewy Fox" Red Fox (throughout Hokkaido)

北海道の平地から高山帯まで、広く生息していますが、寄生虫エキノコックスの宿主でもあり、安易な接触には要注意です。(撮影:須藤哲寛さん)

It inhabits the wide area from plains to alpine zones. Attention has to be paid in a contact because it is a host of echinococcus.

2011年6月26日日曜日

今日の「大好き北海道」から ☆紫竹ガーデン(帯広市)Shichiku Garden (Obihiro)

帯広市から車で約30分のところにあり、6haの庭に2,500種類の草花が早春から晩秋まで咲いています。(写真提供:NPOガーデンアイランド北海道)

30 minutes ride from Obihiro brings you to the 6ha garden where 2,500 kinds of plants bloom from early spring to late fall.

2011年6月24日金曜日

今日の「大好き北海道」から ★天売島のウニ漁(羽幌町) Sea Urchin Fishing around Teuri Island (Haboro)

天売島は羽幌町の沖合にある小さな島です。ウニ漁は、6月後半からのごく短い期間しか解禁されません。(撮影:谷口勲夫さん)

The island stands in the offshore of Haboro. The sea urchin fishing opens only for brief period from late June.

こうした風景も北海道の風物詩のひとつなのでしょうね。それにしてもこの頃のウニは身がしまっていてさぞかし美味しそう。